2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

すっかり間が空いてしまいました 「最初は優しかったのに」シリーズ。
お待たせしました。続きをどうぞ~



                       1764098077_249[1]  
    

修一「えー、自己中な優しさについてだったね。そんなテーマの時に、自分役のカズ君の写真です。」

明菜「自己満足だけのおせっかいみたいなやつかな?お兄ちゃん、そうなの?」

修一「自分は、俺様タイプだから、それに、これはむしろ女性に多いタイプだね。好きになったら、何かしてやりたくて仕方ないってやつだ。」

明菜「それは、女なら当たり前の感覚じゃないですか?」

修一「うん、そうかもだけど、それを相手の気持ちも状態も考えず、盲目的に押し付けてくる女ほど、男にとっては怖いものはないよ。」

明菜「そんなストーカーみたいなの女だっていやです。」

修一「また、その手のタイプは、男でも女でも、自分がそうされるのは、うんと嫌がるんだよね。追いかけるのが、好きだから。」

明菜「うわ、それ、耳が痛いですぅ。」

修一「ただこのタイプは、あくまでも純粋に好きだからと言う気持ちで、動いているので、コントロールさえ効いているなら、変わらない優しさを発揮し続けてくれるんだ。」

明菜「あー、なんか熱っ苦しいけど、自分もそうかもと思えるので、複雑です…。」

修一「そんなわけで、自己中な優しさは、度が過ぎると迷惑だけど、純粋ではあると。」

明菜「そうですね。あまり突っ込むと、テーマから外れそうなので、次行きましょう。」

修一「まだ決めてないので、次回に。」





カフェレストラン 観覧車
0277-47-3613 
kanransha@docomo.ne.jp
スポンサーサイト

この記事へコメントする















misuwaki105

Author:misuwaki105
群馬県桐生市でカフェレストランをやっています。料理作りはもちろん、占いもやっていますよ。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -